血圧を下げるための方法|悩んでいる人が多い高血圧の食事|色々と試して飽きない料理を食べる

悩んでいる人が多い高血圧の食事|色々と試して飽きない料理を食べる

婦人

血圧を下げるための方法

メンズ

毎日食べる物で病気予防

高血圧は完治の難しい病気であり、初期段階では自覚症状も少ないため気づかない場合もありますが、長い間放置しておくとさまざまな病気の原因になる可能性があります。高血圧が原因で起こる病気としては、脳梗塞や脳卒中などの脳の病気をはじめ、糖尿病や腎臓病などの重篤な病気が挙げられます。しかも、ある日突然病気が発症してしまうことも少なくないため、血圧が高くなる傾向にある中高年では、病気のリスクを減らすための予防を行うことが重要になります。そこで効果的とされるのが、血圧をコントロールすることで病気予防を行うことを目的とした食事療法です。食事療法を行うと、毎日の食事を通して、重篤な病気になるリスクを減らすことができるというわけです。

減塩がポイント

高血圧の食事療法で最も重要なのは、毎日の食事の中で塩の摂取量を減らすという「減塩」を行うことです。一般的には、1日当たりの塩分摂取量の目標は「6g未満」とされており、さらに、より摂取量を少なくすることが高血圧の人にとって理想とされています。減塩のコツとしては、料理を作る際に、昆布やシイタケなどのダシをよくとることで、塩分の含まれる調味料(しょうゆや味噌)を減らすということがまず挙げられます。ほかにも、ラーメンや、うどんなどを食べる際にスープを半分程度残すようにするといった方法があります。さらに、減塩以外にも、血圧をコントロールする成分として知られる、カリウムやマグネシウム、そしてカルシウムを摂ることも重要だとされています。